すばる通信

すばる進学セミナーの最新情報を掲載しています。

すばる通信

横浜雙葉の情報2017

2017.05.23

カトリックの伝統校、横浜女子御三家の一つ横浜雙葉中学校。女子校逆風の時代であっても大きな改革は打ち出さない。マイナーチェンジを繰り返すにとどめて、普遍性のある教育を行っていく潔、さをいつの時代もちゃんと支持する保護者がいる。目の前にいる子どもたちの今と未来の幸せを本気で親身になって考えている学校です。先生方は皆あたたかく、生徒はまじめな子が多い横浜雙葉中学校についてレポートします。

横浜雙葉の公式HPはこちら

■横浜雙葉について
・1900年創業 115年の伝統
・規律ある校風「徳においては純真に 義務においては堅実に」
・変わらないものと変えていくものをしっかりと見据えていく
・在校生と保護者に入ってよかったと思われる雙葉をこれからも

■カリキュラムと進学状況について
・総合学習がそのままアクティブラーニング
・補習や発展学習などに対するフォローも充実
・理系が半分。女子校としては多い
・高3生数に対する慶應大現役合格率は15%。全国TOP5

■進路状況( )内は昨年度
・東大3(4) 一橋2(3) 東京外語6(6) 東工大2(2)
・早稲田53(49) 慶応46(46) 上智34(35) 立教39(61) 明治53(43)

■雑感
・大学入試改革にも慌てることはない。雙葉のやり方はこれからの時代が求める方向性とすでにマッチしている
・伝統を重んじながらもマイナーチェンジを繰り返せる校風はいつの時代も色あせることはない
・慶應に行きたいなら「雙葉」という結果を出している
・国語は総合的な問題が多く、通り一遍の解き方ではなく、本質的に考えて「書ける」かが大事
・算数・理科においても題意の読み取りに加えて「書ける」かが重要。言葉の力は全てにおいて求められる
・強いて挙げるネガティブな要素としては同質性の強さか。雙葉には似たような子が多く、その輪に入れなかった時にどうするか。ミッション校として多様性の受け入れ、異端児の受け入れが今後のテーマになってくるかも。「雙葉に合っている人だけいらっしゃい」では今後生徒を集められなくなる可能性もあるかもしれない

さらなる詳細についてご興味がある方は、レポートをご覧ください。