すばる通信

すばる進学セミナーの最新情報を掲載しています。

すばる通信

法政大学国際高校の情報2017

2017.10.17

全く新しい学校の誕生。日本の教育に風穴を開けるリベラルで実験的とも言える学校が横浜に誕生する。2018年度からの共学化に合わせて校名を「法政大学国際高校」へと変更。高校2年次からはホームルーム制を持たず、教科単位で動く。管理者としての「担任」を置かない。日本語でのIBディプロマ取得も可能な学校へ。ベールを脱いだ業界関係者再注目の学校についてレポートします。

法政大学国際高校の公式ホームページはこちら

IMG_1649

■法政大学国際高校について
・2018年度からスタート(新校名・共学化)
・ステージを世界に。21世紀の地球市民を育てる
・単位制のカリキュラム
・2年次以降、ホームルームの廃止
・クォーター制(4学期制)
・国際バカロレアコース(定員20名)の新設
・21世紀型の学力を身につける

■2018年度入試について
・A書類選考、B学科試験は特に変更がない
・書類選考における加点基準も変更なし
・新たに登場するC思考力入試は2/19実施。英検準2級以上必須。800字程度の論述試験が2問と面接
・IBコース(定員20名):12/7、2/1。英検2級以上必須。日本語小論文、英語小論文、数学適性検査

■進路状況 ・80%が法政大学へ 残りが他大学受験
・法政大学への推薦資格を持ちながら他大の受験も可能。特に不利になることはない
・国公立6名
・早稲田2名、慶應5名、上智13名

■雑感
・「チャレンジング」その一言
・大学進学を目的とする高校ではなく、21世紀型リーダーを育てる学校。その先に進学がある
・もともと形骸化していた制服は完全になくなる
・現在の古い校舎は建て替えない。かなりのマイナスポイント
・IBコースと通常コースで学費に差は設けない! まさかの格安でIBが取得可能な学校となる。玉川学園(IB)とは大きな違い
・諸刃の剣か。よく話を聞いて吟味して検討してください。「法政大学の附属校だから〜」「法政第二は難しいから〜」で選ぶとミスマッチが起きて不幸なことに。

さらなる詳細についてご興味がある方は、レポートをご覧ください。